日本語 | Englishfacebook
日本語 | Englishfacebook

インタビュー


研修生大手化学工業メーカー Marketing General Manager

研修生インタビュー

Q現在、インドネシアでどのような仕事をしているのですか?

Aパッケージ、出版、新聞、自動車関連等のインキ及び接着剤、周辺資材の営業、販売活動をしております。顧客は日系よりもローカルが多く、こちらの顧客は確実性よりも圧倒的にスピード感を求めてきます。顧客のスピード感に遅れを取らぬよういかに対応していくか、日々頭を悩ませながら業務に取り組んでおります。

Qミッション: グローバル(MG)を受講して2年が経ちますが、改めて、あの1週間の研修で得たことはなんだったと思いますか?

A一つの目標に対して粘り強く最後まで結論を出すまでやり切るというマインドを学んだと思います。また、タイムマネジメントに関する学びも大きかったです。一度に様々な案件を平行して処理しながら、納期通りにクローズすることの難しさを改めて感じました。
ただ、タフな研修だったので、もう二度とやりたくないとも思っています。笑

Qミッション: グローバル(MG)後に半年間の現地研修を受けましたが、MGで得たことはその半年間の研修や今のインドネシア駐在にどう活きていますか?

A国内業務と比較して取り扱う品種、掌握する仕事も増えたため、平行して大量な案件を処理することが非常に多く、タイムマネジメントについて研修で得た学びは活きていると思います。
また、今の職務では、担当者ではなく管理者という立場でもあるので、結論を求められる場面が多々あります。より最適な結論を導き出す為に、日々積極的に行動し、粘り強く折衝していくことが現在の職務に活かせているのではないでしょうか。

Q今、インドネシアに駐在している視点から、日本を離れた環境で仕事をする際に最も大切なこと(要素)は何だと思いますか?将来の海外駐在員に対してのアドバイス的なことをお願いいたします。

Aベースとして語学力と専門性は間違いなく必要となってきますが、最後はマインドだと思います。
ある目標に対して拘りを持って粘り強く進めていけるマインド・リーダーシップがあれば、現地スタッフにもそのマインドは間違いなく伝わり、高い志を持った素晴らしい集団になると思います。私の場合は、顧客がローカルが多いため、私の力で新規拡販するのは容易ではなく、いかにして同じグループのスタッフのモチベーションを上げることができるかを常に考えております。


お気軽にお問い合わせください

MISSION: GLOBALの資料請求 G-Shipの資料請求
海外研修のお問い合わせ

「自社のグローバル人材育成に合う研修を考えたい。」
「様々な海外研修の事例を知りたい。」
「本当に効果のあるグローバル人材育成施策を考えたい。」
という方はお問い合わせください。