日本語 | Englishfacebook
日本語 | Englishfacebook

インタビュー


研修生学校法人 職員

研修生インタビュー

Q現在、どのような仕事をしているのですか?

A法人本部の総務・人事部に所属しています。やっている仕事を一言で言えば、何でも屋です(笑)。パート、アルバイトも含めると1000人程度の組織なのですが、私はその中で200人程度の職員の総務・人事に関わる仕事をしています。

Qミッション: グローバル(MG)を受講して、改めて、 あの 1 週間の研修で得たことはなんだったと思いますか?

A「主体性」や「実行力」「状況対応力」「パッション」「メンタルタフネス」など、この研修で鍛えられると聞いていたグローバルマインドセットの要素はかなり得られたと思っています。(グローバルにおけるマインドセットもさることながら、あらゆる場面にも対応できるマインドセットのように思えます。)

Qミッション: グローバル(MG)のオープンコースに参加され、他社の社員たちと一緒に研修を受講したことから得られたものは何かありますか?

Aビジネススキルは他社さんの方々のほうが何倍も長けており、そういった人のミッションに携わる姿勢を見てとても刺激を受けたのと同時に、今まで、いかに自分が甘ったるい環境の中でやってきたのかをまざまざと思い知らされました。学校法人の職員も民間企業の最前線で働いている方々から学ぶべきビジネススキルや姿勢は多いにあると思います。

Qミッション: グローバル(MG)で得たことは今の仕事にどう活きていますか?

A今までは言われるまで自らは動かなかったのですが、今では周りを見て誰もやっていない状況があった時に、仕方なくという気持ちは多少あるものの、「私がやります」と言えるようになりました。周りにはどう思われようと、自分では変われた実感があります。今までは「どうしよう...」と行動を躊躇していたことも、とりあえず自分から行動をして何かしよう!自信はないけど何とかなるのではないか!という気持ちが芽生えています。
また、仕事もさることながら、家庭内でも「些細なことで怒らなくなった」と言われたような変化がありました。小さなことにこだわらなくなったんですかね...

Q一週間の心境の変化はどんな感じでした?

A殻を破ることができたことで、達成感があり、内に秘めていた自分の中にある何かを表現できるようになりました。小さな成功体験なのでしょうね。それが自信に繋がったのではないかと思います。日々のルーチンワークでは、なかなか味わえないでしょうね。


お気軽にお問い合わせください

MISSION: GLOBALの資料請求 G-Shipの資料請求
海外研修のお問い合わせ

「自社のグローバル人材育成に合う研修を考えたい。」
「様々な海外研修の事例を知りたい。」
「本当に効果のあるグローバル人材育成施策を考えたい。」
という方はお問い合わせください。