日本語 | English
日本語 | English

ニュース2016年11月18日


日本・台湾合同サッカークラブ ESPORTE CLUBE DESAFIO パートナー契約のお知らせ

この度、株式会社スパイスアップ・ジャパン(本社:東京都千代田区神田小川町3−28−2、代表取締役:豊田圭一)は、ESPORTE CLUBE DESAFIOとパートナー契約を結ぶことにいたしました。

スパイスアップグループは、日本、シンガポール、ベトナム、インド、スリランカに事務所を持ち、企業向けや学生向けの海外研修をメインに事業を行っています。
日本では人口の減少に伴いマーケットも縮小しています。また、海外志向の若者が減っているという報道もありますが、そのような閉塞感が漂いつつある日本の状況に一石を投じ、若者に“挑戦"することの楽しさを伝え、グローバルな舞台で活躍したいというマインドを鍛える機会を提供しています。
海外での経験を通じて、日本や日本人のみで閉じこもっている「Comfort Zone」から一歩踏み出し、多様性ある環境の中で新しい価値を見出し、ビジネスや学業の中で社会貢献に寄与してほしいと思っています。
今回は、日本人と台湾人の合同クラブであるESPORTE CLUBE DESAFIOの「サッカーを通して、日本と台湾の文化や多様性を理解、尊重し、関わる全ての人が目標達成に向けて挑戦していく」というビジョンに共鳴し、クラブのパートナーをさせていただくことになりました。

ESPORTE CLUBE DESAFIOとは

ESPORTE CLUBE DESAFIOは台湾で活動する日本人、台湾人の合同サッカークラブです。2016年7月に台湾で誕生した当クラブは、現在ジュニア(U12)のみ活動しています。クラブ名である「DESAFIO」とはポルトガル語で「挑戦」を意味しており、サッカーを通して、日本と台湾の文化や多様性を理解、尊重し、関わる全ての人が目標達成に向けて挑戦していく」ことをビジョンとして掲げ、日々活動しております。
コーチ、選手ともに、日本人と台湾人の合同クラブであり、活動中は日本語、中国語、2つの言語を使用しています。言葉の違いや、文化の違いがある中、多くの問題を抱えていますが、それらの経験から多様性を学び、力強く、グローバルマインドを持った選手、指導者を育てていきたいと考えています。また、一貫した指導を受けることが難しい台湾で、U15,U18,トップチーム各カテゴリー設立に向けて、日々挑戦しています。

Facebookページ:https://www.facebook.com/E.C.Desafio/

日本・台湾合同サッカークラブ ESPORTE CLUBE DESAFIO