日本語 | English
日本語 | English

インド英語研修&ビジネス研修


MISSION: GLOBAL - English & OJT in INDIA

インド英語研修&ビジネス研修

世界最大のマーケット&新興国のタフな環境(インド)で、
英語をブラッシュアップすると同時にビジネス経験を積む4週間

  • 将来の巨大マーケットである新興国インドの生活に慣れ、
  • インドの語学学校でビジネスの共通言語である英語をブラッシュアップし、
  • 英語のクラス以外に、現地企業からミッション(課題)が出され、
  • 街(フィールド)に出て、インドの環境や考え方を肌で感じながら、
  • 英語でビジネスに取り組む経験を積む研修です。

参加者が当研修の終了時点で目指すべき姿は以下の通りです

  • 流暢ではないかもしれないが、海外において臆する事なく堂々と、英語で自身の意見を言うことができる。
  • 世界のどんな舞台でも業務を遂行できる自信を身につけている。
  • どうしようもないことにくよくよしても仕方がないことを知り、どのような状況でも最善を尽くすマインドを身につけている。

なぜインド?(インドの魅力)

2020年代には中国を抜いて人口が世界一になる民主主義国家

世界最大のマーケット(消費人口&労働人口が世界一)を求めて、世界中の企業がインドを目指しています。

GDP世界3位

世銀のレポートによると、購買力平価(PPP)では、インドの国内総生産(GDP)が日本を抜いて世界3位に浮上!

世界最大の英語圏国家

ビジネスの共通言語である”英語”が最も多く話されているインド!

日本とは常識が異なるタフな環境

インドで成功すれば世界のどこでも成功できると言われてます。

研修開催都市バンガロールについて

南インドの政治・経済の中心都市

インド南部カルナータカ州の州都。インド国内では第3位の人口1000万人を抱えており、チェンナイと並んで南インドの政治・経済の中心都市。

世界有数のIT産業集積地

アメリカのシリコンバレーで活躍した人材がバンガロールの地で起業したことにより(1980年WIPRO、1981年Infosysなど)、世界有数のIT産業集積地となっている。

インドで最も住みやすい都市

南アジア有数の世界都市で、標高が920mであるため一年中穏やかな気候。ガーデンシティとも呼ばれる緑が多い都市で、治安も良く、インドの中で最も住みやすい都市として知られている。

200拠点を超える日系企業

自動車産業ではトヨタが進出。バンガロールの日系企業拠点数は250近く、日本企業にとっても注目の都市。

4週間の研修スケジュール例

4週間の研修スケジュール例

研修参加費&開始日

研修参加費:40万円/お1人様

当研修はお1人様からの参加が可能です。

[研修参加費に含まれるもの]

現地オリエンテーション、4週間の語学研修費(週20時間)、テキスト代、語学学校登録料、
ミッション型ビジネス研修(OJT)、現地滞在中のサポート

[研修参加費に含まれないもの]

研修期間中の現地滞在費(約5万円〜12万円/4週間/お1人様)、研修地までの渡航費(約10万円〜/ お1人様)、研修期間中の現地交通費、個人的な費用(食費や小遣いなど)、海外旅行傷害保険代

研修開始日

2015年728日、825日、923日、1026日、1126

バンガロールにある語学学校Spiceup Academyは4週間ごとに生徒を受け入れています。
当研修もその日程に合わせての開始となります。到着は開始日の前日または前々日となります。



お気軽にお問い合わせください

MISSION: GLOBALの資料請求 G-Shipの資料請求
海外研修のお問い合わせ

「自社のグローバル人材育成に合う研修を考えたい。」
「様々な海外研修の事例を知りたい。」
「本当に効果のあるグローバル人材育成施策を考えたい。」
という方はお問い合わせください。

海外研修プログラム: 事例紹介

現在多くの日本企業に求められているグローバル化。その中でもグローバルに活躍できる人材の育成が急務の課題である企業様へ、新興国マーケットで活躍できる人材の育成をお手伝いします。